フラット35の
審査と金利

フラット35の審査基準の魅力は、安心の固定金利と手数料がかからない繰上返済です

フラット35審査を行うは、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して展開している返済終了までの期間固定の金利で貸し付けている住宅ローンです。フラット35審査甘い場合の手数料ですが、これは各銀行によって異なります。その為、金利、そして手数料が安い銀行で借入をした方が圧倒的に有利に住宅ローンの返済が出来ます。

 住宅ローンを返済するにあたって重要なのはいかに金利が安いかということです。金利が安いならともかく、金利が高かった場合に、長期的に返済していく住宅ローンの合計支払金額が高くなってしまうからです。極力合計支払金額は抑えたいというところが本音ですよね。そうなるとやはり金利が安い方が長い目で見ても安心なのです。最近のフラット35審査期間を調べてみますと、1パーセントをきって運営している銀行もあります。そういう銀行を見つけて住宅ローンを組んでしまえば、長期的にみて安心です。

 住宅ローンと言えば、電化製品や車などと違って、数千万円単位での借入です。数万円単位のローンであれば、金利が高くてもさほど苦ではありませんが、数千万ともなると、その利息の金額も大きいものです。たった1パーセントの違いで、数百万単位で違いが出てしまいます。そうすると毎月の返済額や合計支払金額も大きくなってしまいますから、金利は安ければ安いだけ良いのです。

 そして、フラット35は固定金利か変動金利かのタイプで支払い方法を選ぶことが出来ます。フラット35審査甘い固定金利タイプはその名の通り、住宅ローンが修了、もしくは期間を設けて金利が変わらない方法です。変動金利タイプはその時期によって金利が変動しますから今は低金利でも後々に高利となる場合があります。その為、変動金利の方が、低金利で融資を受けられるのですが、その代りいつどのように金利が上昇するかは未定ですので、今は良くても後からの支払いが大変になる場合もあります。そういう理由で、安定した返済計画を立てるのであれば、断然固定金利タイプの支払い方法がお勧めです。

 実際にフラット35を利用する人は固定金利タイプの支払い方法を選択する人が多いのが事実です。フラット35を利用して住宅ローンを組むのですから、ほとんどの人が35年という長期で住宅ローンの返済をみているからでしょう。変動金利タイプにする人は、繰り上げ返済計画の予定がある人やお金に余裕がある人が選ぶことがほとんどです。一般的には固定金利タイプを選ぶ人が多いですので、自分の経済状況に合わせてフラット35審査甘いタイプを選んでいかなければいけません。

フラット35はどこから借りるのがよいの?

住宅は一生のうちで1番大きい買い物とも言われています。

その際活用する住宅ローンですが調べてみるとフラット35とフラット35sという2種類の名称のプランがあります。

いったいこの2種類では何が異なるのでしょうか。

まず知ってもらいたいのがどちらか一方を選んで申し込むというものではなく購入する住宅が一定の条件を満たしていると自動的に適用されるものです。

その条件の例としては、省エネルギー性や耐震性、バリアフリー性などが入ります。

中古物件を購入する際にもその条件を満たしていればまた、中古の物件でも条件さえ満たしていれば利用できるのでぜひ活用してください。

住宅ローンや自動車ローンなどの長期の借入は、できるだけ早く返したいと思ってしまいますよね。

早く返す方法は繰り上げ返済を行うことです。

住宅ローンのフラット35を例にすると100万円から可能な機関が多いですが10万円から繰上げ返済可能という機関もあるようです。

その際、手数料が発生する場合としない場合があるので住宅ローンを選ぶ際はこの点も見るようにしましょう。

ボーナス併用払いでローンを組んでいる場合には、ボーナス月の請求がずれないように6ヵ月分の合計から可能なことが多いようです。

住宅を購入するときに資金調達で利用する住宅ローンですが多くの住宅ローンでは、購入する物件が決まってから審査を始めます。

その際、ローンが組めないこともあります。

そういったことが起こらないように先にいくらまで借りられるのか知りたいところです。

例えば全期間固定金利のフラット35取扱件数1位のアルヒが行っている「ARUHIの家検索」というサービスでは物件を決める前に事前に年収や毎月の返済予定額などから借入可能額が確認できます。

他の機関のHPにも借入シミュレーションがあるのがほとんどなので物件探し時に必ず確認するようにしましょう。

予算が事前に分かっていれば選択肢も絞られてくるので探しやすくなるのではないでしょうか。

住宅を購入する際の資金準備で強い味方になる住宅ローンですがローンなのでもちろん審査に落ちることもあります。

基本的にローンに落ちる可能性があるとされているのが過去に公共料金や別のローンの支払いが滞っている場合や融資希望額に対して年収が少ないなどといった場合が挙げられます。

フラット35などほとんどのローンに共通することですが年間の返済額が年収の約3割までになっているかという部分も大切です。

例えば、今回のローンでの返済額は年収の3割以下だったとしても現在、他に車のローンやリフォームローンが残っていて合計すると超えてしまうといったこともあります。

住宅を購入する際にフラット35の利用を考える場合があります。

参考:フラット35審査は自営業でも通る?審査落ちる?

多くの人はテレビで名称を聞いたことはあるくらいで実際にはどんなローンなのか、借りるための条件はあるのかといった詳しい内容は知らないのではないでしょうか。

ローンを利用するには、物件購入価格が1億円未満になっているか、床面積が基準以上の広さの建物になっているかといった条件があります。

ローンの主な特徴としては、原則として物件価格の9割までしか借りられないことや全期間金利固定、保証料0円などが挙げられます。

金利固定なので急に支払額が上がるといったことが起きないので余裕を持って返済計画を立てられそうですね。

念願のマイホームを買う際に利用する住宅ローンですが種類が多くてどのローンを選んだら良いのか迷ってしまいます。

でも住宅ローンを利用する人は人生に1回ということが多く選び方がわかりません。

ここでは、ローン探しのポイントをまとめてみました。

まず、最初に行うのは金利変動型のローンにするか固定型のローンにするかです。

目先の金利が低いけれど数ヶ月、数年後の支払い額が高くなる可能性のある変動型と毎月の支払い額が一定で返済計画が立てやすい固定型を選ぶかです。

変動型を選ぶ場合は金利が変わるので比べるポイントがわかりやすいですが全期間固定金利のフラット35では金利以外の保証料などを比べる必要があります。

ここ最近は変動型より固定型が人気が出ているようです。

人生で最も大きな買い物と言われる住宅ですが一括で買うという人はほぼいないと思います。

その場合、住宅ローンを利用して住宅を購入しますよね。

その際、変動金利にするのか、固定にするのか悩みますよね。

返済計画の立てやすさを重視する方ならフラット35がおすすめです。

フラット35の始まった2004年頃に比べ、金利が低く推移してきているので長期間のローンを組むのに良い時期だと言われています。

金利だけを見ると変動型の方が低いですが変動リスクがあり、毎月の返済額が高くなることもあります。

返済計画が崩れることもあるので気をつけましょう。

ローンを組む際に重要なことはなんでしょうか?別のローンや公共料金の支払い滞納が起きていないかという信用情報を挙げることもありますが最も大切なのは借りた後にどうやって返済していくかを考えておくことです。

特に、住宅ローンなどの高額ローンではどのくらいの期間で返す計画にして毎月どのくらい支払うかを絶対に確認してください。

確認する方法としては自力で計算するのもいいですが大変なので利用するローンのHPにあるシミュレーションを利用しましょう。

その際に、変動型の場合では金利変動の影響で支払額が変わるのでフラット35などの別のローンを組んだ場合も確認してみてください。

全期間固定金利ということでローンを検討する人の多い住宅ローンの一種、フラット35ですがどういったローンなのかTVCMなどを見てもいまいちわかりません。

主なメリットとしては全期間金利が変わらないので返済計画を立てやすいことや保証料が不要なこと、物件の住宅性能を重視した審査が行われること、繰上げ返済手数料が無料なことが挙げられます。

デメリットとしては原則、物件価格の9割までしか借りられないことや金利が変わらないので低く変動しても毎月の支払い額は変わらないこと、繰上げ返済が100万円から可能と銀行独自のローンに比べ高額なことが挙げられます。

他にも細かいメリット・デメリットはあるので利用する際は確認してからにしましょう。

世の中には様々な住宅ローンがあります。

銀行機関独自のローン商品やフラット35のようにどこの銀行機関で借りても基本的には同じ条件になるローンなど種類がたくさんあってどれを選べばよいかわかりません。

他の人がどういった部分を比較してローンを決定しているのでしょうか。

特に比べられているのは金利条件です。

単純に金利の数値を見ている場合もあれば金利が変わる可能性のある変動型にするか、一定の固定型にするかという部分です。

変動型の場合は銀行機関独自のローンになるので繰上げ返済手数料や保証料など銀行ごとに決められます。

住宅ローンを探す際の参考にしてください。