フラット35に
申し込みたい

フラット35手続きから適合証明書までの流れは?

 近年、住宅ローンを組む人にとってフラット35は外せない存在です。35年間固定金利でローンを組めるということと、団体信用生命保険に無条件で加入しなければいけないからです。そして、耐震性、耐久性、耐火性など、条件を満たした物件購入でなければフラット35を申請することは出来ません。フラット35は住宅ローンを扱っている銀行であればどこでもフラット35で住宅ローンを組むことが出来ます。この金利の安い時代だからこそ、35年間固定で借入出来るフラット35は人気なのです。しかし、家を建てるにはフラット35を組む前に土地先行取得費用、着工金、中間金などを支払わなければならない時があります。融資に困った場合には、つなぎ融資おすすめです。楽天銀行などの銀行でひとまず融資してもらってからフラット35を改めて組むのがいいでしょう。

 では、このフラット35申請手順ですが、もちろんのこと、申請する銀行で審査を通さなければいけません。そして、晴れて審査に通ったら次は、購入する物件、または建築する物件の証明書を発行し提出しなければなりません。これはフラット35で住宅ローンを組む場合に、条件に適合した物件であるか判断する為のものです。ですから、この証明書は各建築会社から発行してもらいます。

 そして、フラット35の条件と満たした物件であることが確認されれば晴れて適合証明書が発行されてフラット35で住宅ローンを組むことが出来るのです。ですからフラット35で住宅ローンを組める住宅ということは、それだけ安心して生活出来る空間だと証明されている、ということなのです。